ベランダでガーデニングをするときの土づくり

ベランダでガーデニングをするときの土づくり

土を作るというと難しく考えてしまう方もいると思いますが、簡単にいえば土を混ぜると考えればよいでしょう。
ガーデニングショップなどには数多くの種類の土が袋入りで売られています。
特定の植物専用の土も販売されていますが、ベランダで植物を育てる際には、自分で数種類の土を購入して混ぜて使用するのがオススメです。
初心者の方には土を混ぜて使用するのが難しく感じるかもしれませんが、必要になるものを紹介します。
様々な植物に使用できますので、難しく考えずにチャレンジしてみてください。
○赤玉土
数種類あるなかでも、中くらい(中粒)を用意しましょう。
○腐葉土
肥料の役割をするもので、中身は朽ちた葉が蓄積したものです。
○バーミキュライト
挿し木に適していて、非常に軽く柔らかいものです。
保湿・通気を良くするもので、ピートモスと併用することで種まき用の土としても使用できます。
○ピートモス
ガーデニングの定番で、主に土の酸度を調整することができます。
ほかにも、通気性を与える効果があります。
○鉢底石
鉢やプランターなどに植える際には底の部分に敷くために必要になります。
※この他の土として、ガーデニングで定番の川砂や日向土(ひゅうがつち)などもあると便利です。
さらに野菜・果物を育てる際には、花に比べて肥料の割合を多くする必要があります。
腐葉土を使用しただけでは足らない場合には肥料を混ぜることで栄養分を補います。
使用したあとの土は、植え替えなどにまた使用することがあるので、袋を2重にしたり水・虫が入らないようにしっかりと保存しましょう。
土を混ぜる際には、ベランダの汚れを防ぐために、不要な新聞紙を敷いてから行うと、方付けも楽にできますし、周囲に土ぼこりが舞うことを防げます。
長期間保存して固くなってしまった土も、ガーデニングショップなどで土を再生する用材が売られていますので、そちらを使用すると良いでしょう。

視力が悪いとガーデニングも楽しめません。

そこでおすすめなのがレーシック。

 

レーシックは、裸眼生活が手に入る活気的な手術です。
今まで、メガネやコンタクトレンズが手放せなく、色々不便な思いをしていた人にとって、
とても魅力的で憧れる手術ですよね。

 

「視力が悪い」という程度は人それぞれ。
また、目がねやコンタクトレンズを使用している人の視力もそれぞれで、
たとえば、視力が0.6くらいで何となく世界がぼやけていても、
車の運転をしたりとかしないので裸眼のまま人もいますし、
0.8くらいあるけれど、よりはっきり見えないと不便なのでめがねをかけるという人もいます。
そして、なぜか片目だけ視力が極端に悪いという人もいますね。
コンタクトレンズもメガネも、片目だけ視力矯正・・・両目とも視力が悪い人もかわいそうですが、
片目だけって言うのも、なんだか不便そうです。
ところで、レーシックって片目だけ手術できるのでしょうか?
ふと、そんなことを思ったので調べてみました。
すると、OKだそうです。
両目とも視力が悪いのだけれど、片目だけレーシックをしたいというような場合はNGだそうですが、
片目だけ視力が悪くて、レーシックによって、左右の視力のバランスを整えたいというような場合はOKなのだそうですよ。
片目だけ視力が悪くて困っている人も、レーシックを扱う眼科に相談してみる価値アリですね。

 

レーシック手術を受けるとき、仕事をしばらく休む必要があるのでしょうか?
一日くらいなら何とかなりそうだと言う人も多いと思いますが、
何日も・・・となるとちょっと不安ですね。
術後の眼の状態にもよりますが、一般的にはデスクワークの人であれば、
手術が終了したその日からでも仕事に戻ることが出きるそうです。
ですが、一日くらいはやっぱり、安静にして様子を見たほうが安心ですね。
ただ、ハードワークの人や屋外の仕事の人は、眼への感染などのリスクを考えて、
2・3日様子を見たほうがよいそうですよ。
その辺も、個人差があるでしょうから、眼科医に相談してみましょう。

 

 
 

メニュー

最新記事